MONOHARA

image1

logoものはらとは、登り窯跡周辺にある失敗品やハマなどの窯道具の捨て場所のこと。
年月とともに埋まっていき、焼き物の地層が生まれます。
当時の生産技術と歴史を解明する為になくてはならない産業遺産です。

 

【KURAWANKA Collection】

1690~1860年、長崎県波佐見。
「くらわんか時代」

国内の庶民向けに安価な日常食器を巨大な登り窯で大量に作っていた時代のこと。
当時、波佐見で焼成されていた磁器の生産量は日本一だったと言われています。

KURAWANKA Collectionでは「くらわんか時代」をテーマに、リーズナブルな価格帯の日常食器を展開。
呉須の色や釉薬の風合いは波佐見町、登り窯跡の”ものはら”から出土した「くらわんか碗」を参考にしている。

image4image5

image2

image3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です